北区  リフォーム  JUJOクリエイト 十條建具

4.耐震診断 「東京都北区東十条 K様邸スケルトンリフォーム」


         
◎耐震診断
昭和56年(1981年)以前の家はいわゆる「旧耐震基準」で建てられているため危険と言われています! 
耐震診断は1級建築士の方に建物を見てもらい、図面をもとに壁の量や痛み具合などの耐震としての性能をチェックします。  
         
◎5つのPoint!
+ 地  盤     ・・・建物の揺れは、地盤の状態に大きく左右されます。軟弱地盤では、壁量も基準の1.5倍が必要となります。
+ 重  量     ・・・地震力は建物の重量に比例するので、耐震性能を高めるには、建物を軽くすることが望ましいです。
+     壁          ・・・木造住宅では、主に地震力を壁が負担する為、必要な壁量が定められています。
+     床          ・・・水平構面である床の剛性が十分でないと、壁の耐力にも影響があります。
+ 接合部分 ・・・軸組工法の建物は、土台、柱、梁などの接合部分に、一定の強度を確保することが定められています。
         
☆耐震診断の結果
・基礎部分はクラックもなく健全でした。
・屋根裏より鋼製の火打ちがあったので安定しています(右写真)
・屋根は金属の瓦棒葺きの軽い屋根なので耐震性は大丈夫です
・横方向の壁が少ないため、耐力壁をバランスよく設け、筋かい・耐震金物で補強をする必要があります  

以上の耐震診断の結果をもとに工事をしていきます。
 
       

 

<< 3.ショールーム見学  

 << 一覧へ >>

 

5.解体工事・足場組立 >>

 


 

    ▲ 他の施工事例を見る



案内 スタッフ 事例